毛孔性苔癬 海外での反応

毛孔性苔癬の症状と海外での反応

毛孔性苔癬とは、二の腕や太腿などに苔癬と呼ばれる赤いぶつぶつとしたものができている状態です。毛孔性苔癬は、新しい角質細胞が生まれて古い細胞が剥がれ落ちるという通常の肌サイクルに何らかの異常が発生し、いつまでも古い細胞が剥がれ落ちずに毛穴に溜まってしまうことから発生します。日本では未だ治療法が確立されていないので対処療法が主になりますが、海外での反応は違っていて積極的な治療が行われています。
毛孔性苔癬の症状に対する日本と海外での反応の違いは、痛みやかゆみなどの深刻な自覚症状がないことが要因だと推測できますが、美容面から考えれば適切なケアが必要となります。
海外での反応から見ると、毛孔性苔癬に対するケアには脱毛処理が必要であることが分かります。脱毛によって毛穴の活動が停止すると毛穴が詰まって角質が硬くなるリスクを減らすことができますので、症状が改善されてその後もできにくい状態を作ることができます。

 

毛孔性苔癬の治し方は?!

毛孔性苔癬とは、二の腕や太腿などに苔癬と呼ばれる赤いぶつぶつとしたものができている状態です。毛孔性苔癬は、新しい角質細胞が生まれて古い細胞が剥がれ落ちるという通常の肌サイクルに何らかの異常が発生し 、いつまでも古い細胞が剥がれ落ちずに毛穴に溜まってしまうことから発生します。日本では未だ治療法が確立されていないので対処療法が主になりますが、海外での反応は違っていて積極的な治療が行われています。
毛孔性苔癬の症状に対する日本と海外での反応の違いは、痛みやかゆみなどの深刻な自覚症状がないことが要因だと推測できますが、美容面から考えれば適切なケアが必要となります。
海外での反応から見ると、毛孔性苔癬に対するケアには脱毛処理が必要であることが分かります。脱毛によって毛穴の活動が停止すると毛穴が詰まって角質が硬くなるリスクを減らすことができますので、症状が改善されてその後もできにくい状態を作ることができます。